*

リアルポケモンリーグにようこそ!


ブログをご覧の方はこちらへどうぞ。
ブログ記事一覧


チャットや掲示板をお気軽にご利用ください。
チャット
掲示板




当サイト「リアルポケモンリーグ」は、ポケモン第4世代「ポケットモンスター ダイヤモンド」と「ポケットモンスター パール」でWi-Fi対戦が実装されたのと同時に発足し、当時は「ジムリーダーごっこをしつつ対戦し、挑戦者が勝てばバッジを渡し、約一ヶ月ごとにバッジ数上位数名で大会を開催する」という形式で運営していました。

当時はランダムマッチングが実装されておらず、Wi-Fi対戦の手段はともだちコードを交換した相手との対戦のみだったため、その相手を多く求められる当サイトは、たいへんに盛況でした。

しかしながら、第5世代「ポケットモンスター ブラック」と「ポケットモンスター ホワイト」以降でランダムマッチングが実装されたことにより、参加者数は大きく減少してしまい、ついには「バッジ数を競う」形式が成立しないまでになりました。



そのため活動形式をリニューアルして、現在では突発的に開催する小規模大会と、数ヶ月に一度開催するスーパーリーグが、リアルポケモンリーグのメインコンテンツとなっております。

また、チャットでお話しながら、対戦相手の募集などに利用していただくこともできます。制限無しです、どなたでもいつでも利用していただけます。

ぜひご利用ください!!



ジム運営はもう「バッジ集めて上位何人が」っていうのが成立しないので公式な制度としては休止になっておりますが、個人的にジムリーダーごっこしたい!っていうのは全然問題無いです、歓迎いたします!

試しにやってみたいという人や、これを読んでいる元ジムリーダーさんも、気が向いたらぜひ声をかけてください。

ともかくまずは話しましょう、ぜひチャットに来てください!

チャット




最新記事(2017/01/10)
レート使用パ解説「メガブゴーリ構築」



どうもアイランです。

シングルレートで使ってるパーティの解説を書きます。

ガブリアス@ナイト 陽気HS  地震/岩石封じ/砂かけ/大文字

オニゴーリ@食残 陽気HS軸 守る/身代わり/地震/フリーズドライ

マリルリ@無Z 意地っ張りHA軸 アクジェ/じゃれつく/馬鹿力/腹太鼓

ウツロイド@襷 臆病CS ステロ/毒菱/電磁波/パワージェム

ギャラドス@ナイト 陽気AS 竜舞/アクアテール/噛み砕く/地震

ジバコイル@命珠 控え目CS めざパ炎/10万/ラスターカノン/電磁波

 

選出

ガブ+ゴーリ+αが基本で、相手に毒菱持ちがいればウツロイド、ハッサムがいればジバコイル等を三番手として選出する。

あまりにもゴーリが無理そうならばウツロイドのステロからギャラマリルリの全抜きを狙う選出にシフト。逆に明らかにゴーリを突破できない相手ならばガブ+ウツロイド+ゴーリと選出して、オニゴーリのまもみがに毒菱を添えるなんてこともできる。ムラっけでクソ上昇を引き続けても毒で勝てるのでかなり安定する。

 

個別解説

ガブリアス

起点作り役。本来ならば電気玉投げつけるガブが入る立ち位置すが、襷がないため使っていて起点を作れずにやられる場面がちらほらあるので試行錯誤した結果メガ進化の耐久を生かす方向性になった。

Hぶっぱで無補正ガブの逆鱗が低乱1、メガネコケコのシャインやらひかえめテテフのムンフォやらをまとめて耐える耐久を確保。ほぼ一回は行動できる。環境にいて上から一撃で倒してくるのはフェローチェかスカーフマンムーくらい。

初手で選出して、相手がオニゴーリより早い相手なら岩石封じ、そうでなければ砂かけ。一回砂かけを入れた後は相手もオニゴーリが裏にいる前提で動いてくるので、相手に交代されてもいいようで岩石封じ連打。そのまま死ぬのがお仕事。

大文字は憎っくきハッサムを焼くためのもの。マイナス補正無ふりでもH252メガハッサムが高乱1。逆にHDメガハッサムは無補正C全振りでも確1にできないのでCを振る必要はなし。

 

オニゴーリ

エース枠。まもみがしていればほとんどの相手に勝てるようにはなる。逆に言えばこいつをうまく突破できるポケモンをいかに対策するかがこのーパーティの鍵。この個体は対メガルカリオを強く意識した調整。

メガルカリオは、Sが負けていてインファで当然確1、バレパンも8割前後入る。

こいつの対策は、まずはオニゴーリより遅くしたしたポケモンに対面させて、身代わりを打つ。すぐに交換されることがほとんどなので、後出しから出てくる際に必ず身代わりを残して対面するようにする。

そしてメガルカリオ対面からは守る→地震→守る→地震。

勝ち筋は複数あって、

一回目の地震より前にAが上がる → 無補補4振りの地震で無振りメガルカリオが高乱2になので、Aが上がれば地震で落とせる。

2回目の守るまでにSがあがり、Bが下がらない → 二回目の地震が先手で打つことができて、バレパンは残飯の回復で確定耐え。

回避があがる → 避ける。

Bが3段階以上がる → インファを耐える。2段階上昇だけでは耐えられない。

この内のどれかを引けば勝てる。そしてどれかを引ける確率は結構高い。

ちなみに元は臆病のオニゴーリを使っていたが、A上昇の勝ち筋を作るために陽気で厳選し直した。

またパルシェンも一応意識でフリーズドライで高乱2まではCに振ってある。破らないロックブラストは耐えるのでルカリオと同じ勝ち筋があるが、こいつはSも上がるから破があるので守るに合わせられると死ねる

なお相手のオニゴーリに対しては、環境のオニゴーリは氷の息吹/絶対零度が多く、PP合戦で勝てる。

 

マリルリ

割と普通の腹太鼓マリルリ。ノーマルZのおかげで一撃でやられない限り腹太鼓を積める。Sはポリ2抜き抜き抜きで残りH。ステロを巻いておくとこいつで全抜きできる試合も多い。

馬鹿力は全く撃たないからガルドのキンシに縛られない地ならしでもいいと思った。

 

ウツロイド

毒菱撒き役……よりも大切な仕事は、毒菱回収役。相手に毒菱を撃ってきそうなポケモンがいたらガブアリスの代わりに選出する。

レートで当たるオニゴーリ軸のパーティは起点作り、オニゴーリ、毒で構成されている場合が多く、毒菱が意識されているんだと思う。

相手にオニゴーリいたらもちろんこっちも撒くけどな!

ステロはマリルリ、ギャラドスの勝ち筋を強められるから毒菱よりも優先して撒く。

 

ギャラドス

普通のギャラ。ルカリオ、メタグロス辺りのオニゴーリがやられる相手に強い。舞って全抜きを目指す。以上。

 

ジバコイル

実は重要なポジション。三番手として選出することが多い。

こいつの役割はただ一つ、磁力でハッサムを捉えてめざ炎で焼き払うこと。

HDでも焼けるように補正ありぶっぱ+命の珠。トンボで逃げられないためにSもぶっぱ。

汎用性のかけらもない個体になったがハッサムさえ焼けばオニゴーリで勝てる試合が多く、こいつ無しではオニゴーリ軸は成立しないと思っている。

 

 

 

rss twitter fb
hatena gplus