*

リアルポケモンリーグにようこそ!


ブログをご覧の方はこちらへどうぞ。
ブログ記事一覧


チャットや掲示板をお気軽にご利用ください。
チャット
掲示板




当サイト「リアルポケモンリーグ」は、ポケモン第4世代「ポケットモンスター ダイヤモンド」と「ポケットモンスター パール」でWi-Fi対戦が実装されたのと同時に発足し、当時は「ジムリーダーごっこをしつつ対戦し、挑戦者が勝てばバッジを渡し、約一ヶ月ごとにバッジ数上位数名で大会を開催する」という形式で運営していました。

当時はランダムマッチングが実装されておらず、Wi-Fi対戦の手段はともだちコードを交換した相手との対戦のみだったため、その相手を多く求められる当サイトは、たいへんに盛況でした。

しかしながら、第5世代「ポケットモンスター ブラック」と「ポケットモンスター ホワイト」以降でランダムマッチングが実装されたことにより、参加者数は大きく減少してしまい、ついには「バッジ数を競う」形式が成立しないまでになりました。



そのため活動形式をリニューアルして、現在では突発的に開催する小規模大会と、数ヶ月に一度開催するスーパーリーグが、リアルポケモンリーグのメインコンテンツとなっております。

また、チャットでお話しながら、対戦相手の募集などに利用していただくこともできます。制限無しです、どなたでもいつでも利用していただけます。

ぜひご利用ください!!



ジム運営はもう「バッジ集めて上位何人が」っていうのが成立しないので公式な制度としては休止になっておりますが、個人的にジムリーダーごっこしたい!っていうのは全然問題無いです、歓迎いたします!

試しにやってみたいという人や、これを読んでいる元ジムリーダーさんも、気が向いたらぜひ声をかけてください。

ともかくまずは話しましょう、ぜひチャットに来てください!

チャット




最新記事(2016/09/20)
リアルポケモンリーグ10周年記念同窓会オフ!!



こんにちは、リアルポケモンリーグのRKOです。

2016年09月18日(日曜)、リアポケ10周年の同窓会オフが開催されました。そのレポートです。

チャット等で敬称は使わないで呼び合っているので、この記事も敬称略で書きます。

なお今回の記事は、同じ「リアポケ10周年同窓会オフのレポート」を、このブログに何人が書いても大丈夫です、歓迎です!

ブログ開設当初に希望者にアカウントを発行しましたが、当時アカウントを作っていなかったり、作ったけど忘れてしまったという人は、この記事のコメント欄や同窓会参加希望者募集スレッドなどに書いてくれれば、新規作成および再発行します。

また、このブログではなく個人で運営しているブログ等で記事を書いてくれた場合は、連絡してもらえればリンクしますので、ぜひ教えてください。

写真は俺は撮影してないので文字のみでお送りします。

RKO視点なのでわからないところもあります、補足歓迎。
 
 


 
 
増田さんからお祝いのツイートいただきました!!


 
 


 
 
2016年09月18日(日曜)、本集合は昼だけど、その前に朝09時45分に池袋集合でポケモンセンターメガトウキョーに行こう、というのに合流することを直前に決めまして。

前日にまき(ずべりおん)と待ち合わせしてたのでRKOとまきでまず会う……けどちょっと難航。池袋駅は何度も行ってるけどそれでもややこしい!

それから主催者ぞまほん達に合流。この時点で10人以上いたのかな。わかりやすい服を来ていったところ好評でした。

集合に若干遅れたメンバーと合流するために、主催者ぞまほんとRKOが本隊と分離。

ぞまほんが参加者全員の名札を作ってきてくれてて、首から下げられるようにしたいということで、道中の東急ハンズ6階にて、社員証とかをぶらさげるアレを購入。

RKOはこのあたりはたびたび歩いているので、地下通路を案内して移動、メガトウキョーで合流して、しばらくみんなで店内を回りました。

ぬいぐるみ等さまざまなグッズが陳列された店内、ポケモン好きの集まりにとってはとても魅力的でした。

シジミがおみやげを買うと行ってレジに並んだところ、待ち時間がなかなか長く……ポケモンセンターのお客さんが多いのは嬉しいです。

それからみんなで協力して、全員ぶんの名札をセット。名刺サイズの中に、パートナーポケモンの画像/ハンドルネーム/ジム名等を書き込んでくれてて、裏面はそのまま対戦の見せ合い6匹記入欄になっていました。

ちょっと早めだけど、メイン会場がある神田(秋葉原の隣の駅)まで山手線で移動。


メイン会場に入る前に、みんなで食事。肉の万世の神田駅前店。

最低1000円以上しちゃうので平日勤務時の昼食には高いかなーと思うけど、しかしお肉はすばらしく、休日のプチ贅沢にはとっても良いと思う。おいしかったです。

またこの時、事前告知していた集合場所が神田ではなく秋葉原だったため、迷っている参加者がいるとの連絡を受信して、ぞまほんがマッハで食べ終えて迎えに行きました。マジで一瞬で皿の上が消えていった。


食べ終わったら、メイン会場の雀荘(マージャンやらないけど貸し切りさせてもらえる場所が雀荘でした)に移動。なのだけどちょっとハプニング。

みんなで行ったけど、なんだか普通のお客さんいるし、ここ違うんじゃないか……? って店員さんに聞いてみたら、実はチェーンの同名店が近所にあるとのことで、そちらに移動。

そしたら昼食のお店の隣にある、工事中のビルがそれでした。灯台下暗し?

この雀荘はメイが交渉して獲得してくれたとのこと。感謝です。

ビル入口に、事前にメイがセットしてたのかな? 同窓会は不参加だったけどテツキがお祝いの絵を書いてくれてて、それが展示してありました。何人もの参加者が撮影してました。

最終的に、この絵はRKOがもらっちゃいました。


5階だったかな、会場にそろったら、少し雑談タイムののち、ひとりずつ自己紹介タイム。

ネタを披露してくれる人も多数いて、自己紹介だけでも楽しい時間でした。

RKOは、名目上は現在のリアポケ運営はRKOになってることを話して、ぜひみんなチャットに来てほしいなってお願いしました。

また、今日身につけている腕時計とお財布は、テツキにプレゼント交換でもらったものなんだって自慢しちゃいました。


それから対戦会。事前に全参加者が「二枚貝チーム」「通りすがりさんチーム」に分けられていて、主催者が参加者名カードを一枚ずつ引いて、引かれた人同士での試合を順次行っていくというスタイルでした。

RKOはその一枚目に引かれちゃいました! 相手はカブ!

……だったのだけど、カブが「まだ育成が終わってない」とのことで、育成が終わるまでこの試合は保留して、他の試合を進めることに。

でランダムに引かれるカード順に試合が組まれていくのだけど、これが「かそく対あしゅらのラジオ初代DJ対二代目DJ」に代表される、何か意味を感じるような組み合わせがたくさん発生。

おかげでひとつひとつのバトルが一層熱いものになりました。

最近はポケモン対戦をやりこんでいるとは言えない参加者が多かったようなのですが、とはいえ元々は対戦サイトたるリアルポケモンリーグの常連だった人達のオフ会です、いざ始まるとみんな燃えてました。

またこの対戦会は、各チームに3人ずつ「汚れ枠」なるものが設定されてまして、汚れ枠は勝利ポイントが1.5倍のかわりに、負けると罰ゲームを受けなきゃいけないということでした。

どういうわけかRKOはこの汚れ枠に選ばれていました。

そして対戦会が進んで、あと大将戦以外はRKO対カブしか残っていない、というところまできてカブが準備完了を宣言。すでに他の試合が終わっているため、みんなに観戦してもらえました。

事前に決めておいた「パートナーポケモンを含む6匹」を見せ合ってのシングルフラット対戦。パートナーポケモンは選出は必須ではないということで、RKOはパートナーのルンパッパを結果的に選出しませんでした。


開戦前に、いつもリーグで決め台詞にしていた「でんせつを みせてやるぜ!」を実際に宣言できました。

開幕、RKOはツボツボ、カブはトゲキッスを繰り出して、カブのトゲキッスはスカーフトリック。

一般的なツボツボに対しては効果的かと思いますが、俺のツボツボはこだわりハチマキ装備なので、こだわり同士をトリックしてしまったトゲキッスに隙が発生。

観戦していたみんなには、ツボツボの技一覧やトリック結果を見て、笑ってもらえました。

ツボツボはロックブラストを撃ったものの、弾数は少なく、ハチマキも失っていたため、威力は低かった。

何度か交換したのち、RKOメガギャラドス対カブ化身ボルトロス。メガギャラドスはHD特化だったため、ボルトロスの攻撃を2回耐えれたかわりに、1舞滝登りでボルトロスを倒せずに落ちました。

また何ターンか進んで、RKOエンテイ対カブのエアームド。エンテイは身代わり守る食べ残しだったためエアームドの毒毒を防げたし、ドリルくちばし1発では身代わりが壊れなかったものの、ふきとばしが守るを貫通することを失念していたためRKOに大きな隙が発生。

ふきとばされて出てきたツボツボに毒毒が入ったものの、エンテイを交代出ししたターンに毒を受けることは避けたいと判断して、ツボツボが毒で倒れるまでターンを消化。

最後の一匹になったエンテイが、エアームドのドリルくちばしをHP1で耐えて、聖なる炎でRKO勝利。このクライマックスはみんなに盛り上がってもらえて、RKO心の中でガッツポーズ(実際にガッツポーズしてたかも)。


ここで説明ですが、こだわりハチマキ装備のツボツボというのは決してネタで出したのではありません。

ツボツボは全ポケモン中最遅の種族値S5であり、最遅育成するとLv50で実数値S9になります。そしてジャイロボールを覚えます。

したがって実数値S36以上の相手に対してジャイロボールを最高威力で撃てます。

つまり、ほぼ全ての相手に対して、不一致の威力150命中100の技を撃てます。

これを活かすための、ゆうかんHA特化でジャイロボールがメインウェポンという育成です。

さらにツボツボには、挑発を受けやすいので相手に隙を生じやすい、あまのじゃくで威嚇やキングシールドを逆利用できる、といった副次的な強みもあります。

以上から、あまのじゃく/ジャイロボール/はたきおとすは確定、乱数次第でジャイロボールより高火力でありファイアロー等に撃ちたいロックブラストまで確定で、こだわりハチマキ装備となりました。

具体的な火力としては、敵ファイアローが耐久無振りであれば、ロックブラストが3発当たれば1ターンで倒せます。


対戦会で数時間経過し夕方になりました。

上野と御徒町の間くらいにある「大地の贈り物」というお店の大部屋を貸し切って、夕食の宴会。

梅酒にたいへんこだわりがあるお店で、梅酒だけで100種類くらいあったかと思います。

食べ物はバイキング形式で取りに行くのですが、バイキング形式というと不衛生な印象を受けてしまうお店も少なくないところ、ココは見た目も奇麗だし、食べ物の衛生面も全然抵抗を感じないし、そして味もおいしくて、とてもいいお店でした。

なにしろ10周年の同窓会オフというだけあって、参加者はほとんどは20歳以上であり、お酒もみんなで飲めました。

全部で40人弱が参加していたので、全員と話すことはできなかったけど、当時の思い出を語りあったり、今のポケモンの対戦を研究したり、サン/ムーンの既知情報と予想を出し合ったり、とてもとても盛り上がりました。

特に俺としては、ダイヤモンド/パールでWi-Fi対戦を始めたばかりだったころにギャラドス/ハピナス/ラグラージによる受け回しなど対人戦の数多くを学んだシジミと、リーグで何度も競い合ったあしゅらが、思い入れの強い参加者であり、今回会えて話せて嬉しかった。

またパートナーポケモンをアンノーンにしたりバッジポケモンとしてスイクンを配布したりと、リアポケのリアポケらしさを確立した代表者のひとりであるかに玉とたくさん話せて、たくさんの思い出が蘇りました。

もちろん他のみんなとも、ひとりひとりを挙げるのは割愛しますが、思い出も話せたし次回作の話もできたし、また現実生活の仕事の話もできたりと、学校の同窓会を上回るほど、まさに「同窓会」という空間でした。

ラストオーダーまでの時間が本当にあっという間だった。もっと長くいたかったなあ。

現在のリアポケ運営者として一言コメントすることになったので、ジム戦はもう無理だけど、3ヶ月に1度のペースにスーパーリーグを開催してるのでぜひ参加してほしいこと、対戦できなくてもポケモン無関係の本当の雑談で大丈夫だからチャットを活用してほしいことを伝えました。

最後に一本締め。同窓会らしいかな?

ここでいったん解散として、まだ帰らないメンバーで二次会に。この時点で21時頃だったかな。


よしよしが二次会の会場を予約してくれたのだけど……

残りメンバーが20人弱だったところ、予約交渉で店側に35人と伝えていたとか、すぐに入れる店を探したと言ってたのに10分以上待つことになったりとか、よしよしはリアルでもそういうキャラクターなのかって、良いネタになりました。

入店して着席。先ほどとは違うメンバーと近い席になるように調整、また色々話しました。

ヨシユキはお酒の席でもエスパーポケモンへの愛を語っていました。

また既にお酒が入っていたこともあり、実生活の裏話みたいなことも各自提供。ぞまほんが愛娘の写真を見せてくれたり。

「割と高齢のオフ会なのに参加者に既婚者が少なすぎるだろ、日本大丈夫か」みたいな話もしましたw

23時頃にこのお店を出て、オールナイトできる人だけでカラオケに行くことになり、RKOも参加しました。


カラオケ参加者は、主催者ぞまほん、RKO、ANA、よしよし、わた、まき、フィスタ、ヒジリ、ケイスケ、以上9人。

よしよしは一番最初だったかな?

自分が歌ってる最中に盛り上がりすぎてジュースの入ったコップを倒しちゃって、でも歌うのは継続してて、他の人達で荷物を避難させたりテーブル/イス/床を拭いてる中でよしよしが熱唱するという有様にw

しかもそれを歌い終わったよしよしは即寝るwww もう本当リアポケでのキャラクターそのまんま現実に現れた人物でした。

ぞまほんは根本的に体力すごい!!

まず声量が別格で、カラオケマシンでドラム音が体に響くくらいの音量の中で、マイク使わなくても全然問題なしに歌いました。

しかもそれで他メンバーの1.5倍くらいの曲数。主催者として一日働いたあとのカラオケでですよ。いやほんとブッチギリな体力です。

ANAとフィスタとヒジリは、アイドルマスターとかかな? 何やら女性アイドル的な歌を色々、三人一緒に歌いました。

それ以外もハイテンポで舌が回らなくなりそうな歌をたくさん。

それらと比べると、わたとケイスケは落ち着いた歌が多めだった印象です。

激しすぎる空間で、彼らが歌っているあいだは、落ち着いて聞かせてもらえました。

RKO自身は、まずはキャラクターということで「年下の男の子」を歌いました……古い!

さすがにキャンディーズはRKOもリアルタイムで聞いたことはなかったアイドルですね。

キャンディーズは別格ですが、それ以外も他のメンバーと比べるとちょっと古い歌が多かったなあ。カラオケ行くと年代差が出ちゃいますねえ。

Kinki Kidsの「愛のかたまり」はANAに気に入ってもらえました。堂本光一が作曲、堂本剛が作詞、なのに女性視点の歌詞、ということでKinkiファンにも特に有名な歌のひとつですね。

最後の方でTOKIOの宙船を合唱しました。


カラオケが終わって朝05時、完全に解散となりました。

夢のような同窓会を思い返しながら、ひとり電車で帰宅。

ああ、本当に楽しかった。

みんな、本当にありがとう。

また一緒に遊んでねー!!